森香るハイボールは冬も人気
旬の絶品料理と愉しもう!
2017.02.23
こんにちは。「シングルモルトウイスキー白州」の魅力を、皆さまに紹介するお手伝いをしているライターの中島です。寒い日が続いていますが、皆さまいかがお過ごしですか?
以前にもご紹介した「日比谷BAR WHISKY-SⅡ」では、冬も変わらず森香るハイボールが人気だそうです。その理由を探るため、実際にお店へ行ってきました。

森香るハイボールといえば、爽やかさから夏のイメージを持っていましたが、店長の小笠原さんによると、冬でも森香るハイボールを注文する人がとても多いそう。「冬の暖房が効いた部屋だと炭酸の喉越しやミントの爽やかな香りが、より心地よく感じていただけるのかもしれません」と小笠原さん。

森香るハイボールの美味しさを際立たせてくれる、冬の食材を使った料理もご紹介していただきました。すすめてくれたのは「金目鯛の西京焼き」。西京味噌に一昼夜漬けた金目鯛を、焼いてから燻製にする手の込んだ一品。程よく水分が抜けて旨味が凝縮されています。

ナラとサクラとリンゴのスモークチップの複雑な香りと、今まさに旬を迎えた金目鯛の甘い身、それに味噌の香りも加わって、スモーキーな白州との相性は抜群です!料理の上に散らしてあるほのかな穂紫蘇の香りが絶妙なアクセントになっています。

もう一品は、塩漬けの豚スネ肉を煮込んだ「スモークアイスバイン」。蒸溜所近くの手作りソーセージ店「フランク」からアイスバインを仕入れ、お店で軽く燻製しているそう。上にかける燻製にしたオリーブオイルの特有の香りと燻香が相まって、森香るハイボールの味を引き立ててくれます。

今、白州蒸溜所は冬の厳しい寒さに包まれている時期です。そんな環境で原酒が静かに熟成されているのを想像しながら飲む森香るハイボールの味は、いっそう美味しいものに。
冬が旬の魚介や、白州と同じ自然の恵みを生かしてつくられた食材を合わせて、この冬も森香るハイボールを愉しみませんか?

日比谷BAR WHISKY-SⅡ

住所:東京都中央区銀座5-6-5 NOCO 8F

TEL:03-3575-8011

営業時間:17:00~23:30(L.O.23:00)

定休日:年中無休

HP:http://www.hibiya-bar.com/whisky-s2

ライター:中島亮

この記事のご意見ご感想はこちら

会員登録

白州コミュニティ「森香る暮らし」は、シングルモルトウイスキー白州をより一層愉しんでいただくためのファンクラブです。会員限定のイベントやプレゼント、白州の愉しみ方、森の蒸溜所の季節の便りなど、毎月メールマガジンでお届けします。

無料メールマガジン登録はこちら

無料メールマガジン登録はこちら