白州の森を感じる都会のダイニング
「SCeNT HOUSE DEN Marunouchi」
2016.3.28
今回ご紹介するのは、東京・丸の内にあるダイニングバー「SCeNT HOUSE DEN Marunouchi(セントハウス デン マルノウチ)」です。白州を味わえるのはもちろんのこと、白州の世界観を表現した空間や香味溢れる料理によって、都会の真ん中で白州の森の安らぎに触れられるお店。そのこだわりを探りに行きます。

壁を彩るのは本物の植物。空調からは森林香が放たれ、まるで白州の森にいるかのよう。

森の安らぎを感じながら白州を愉しめる円形バーカウンター。

木の素材の温もりが感じられるダイニング。

森の香りと木の温もりに癒される空間
お店が位置するのは、ビジネスの中心地として多くの人が行き来する丸の内・大手町エリアのビルの中。温かみのあるレンガの壁と、森を想わせる木のディスプレイが目印です。
エントランスを入ると、歴史を刻んだ大木のような風情をまとった円形のバーカウンターに迎えられ、それを囲むように植栽された色鮮やかなグリーンが目に飛び込んできます。空調からふわりと香るのは、スパイシーで爽やかな森林のアロマ。一歩足を踏み入れた瞬間に早速、オフィス街の緊張感から解き放たれた気持ちになりました。
店内は、入口側のバーゾーンと奥側のダイニングゾーンに分かれていて、バーゾーンは気の置けない人との気軽なひとときに利用されることが多いよう。ハイチェアーに腰かけてバーカウンターに手をのせれば、心地よい手触り。お店の方いわく、このカウンターはウイスキー樽にも使用されるオークの無垢材を使って、寄木職人がつくり上げた特注品なのだそう。木の温もりと貴重な職人技を同時に愉しめるとは、大人の遊び心をくすぐります。
頭上に飾られたダイナミックな蔦のオブジェもなんと、お店のプロジェクトメンバーによる手づくり。夜になりランプの灯ったカウンターでゆったりグラスを揺らせば、森の中でたき火を囲んで語り合うような趣に浸れそうです。
ダイニングゾーンは、木目を生かしたテーブルとゆとりのある木製チェアが並び、合間にグリーンも。ナチュラルなインテリアにほっと寛げる空間です。そして、大きなガラス扉の向こうには、開放感あふれるテラスが。大きめのソファが配されたテラス席からは、すぐそばに皇居を囲む和田倉濠の水辺と緑の木々が望め、清々しい気分に。夜には光彩を放つオフィスビルや東京タワーの眺めに「都会の森」を感じながら、安らぎのひと時が過ごせます。

香り×香りの工夫で、白州をより味わい深くアレンジした「香る白州」。
左から、香る白州「香菜」、「柑橘」、「ハーブティー」、「森香るハイボール」、香る白州「ハーブ」

香りの掛け合わせで愉しむ、香る白州ハイボール
白州の森の世界をイメージしたという店内で味わいたいのはやはり、森の蒸溜所で育まれたシングルモルトウイスキー白州。ストレートやロックなどお好みの飲み方で味わえますが、お店のおすすめは白州のハイボールを様々な香りと共に愉しむ「香る白州」メニューです。
まず、基本となる白州ハイボールには、白州のマザーウォーターと水源を同じくする南アルプスの天然水を使用。甲斐駒ケ岳の花崗岩に磨かれた清冽な水を使用した炭酸水で、白州特有のすっきりとした清涼感をより引き立たせています。このこだわりのハイボールとの相性を追求した、4種の「香る白州」を飲んでみました。
「香る白州 柑橘(かんきつ)」:旬の柑橘フルーツのピールを添えた、甘い香りのハイボール。時期により素材が変わります。取材時は柚子で、グラスを口に近付けるとふくよかに匂い立つ優しい香りに癒されました。
「香る白州 ハーブ」:ローズマリーを軽く叩いてグラスの中へ。スパイシーな香りを放ち、食欲を誘います。肉料理との相性がよさそうです。
「香る白州 香菜(シャンツァイ)」:パクチーにライムピールを加えたことで柔らかな香りに。グラスに浸かるパクチーが色鮮やかです。
「香る白州 ハーブティー」:時期によりハーブティーの内容を変えて提供されます。取材時はカモミールティーで、ハーブの甘味と華やかな香り、後口に白州の爽やかさを感じました。
どれも香り高く爽やかで、白州と相性抜群です。最初の1杯に迷ったら「香る白州~ハイボールセット~」1800円という選択も。3種を選んでテイスティングできるので、味を比べながらお気に入りを見つけてみてはいかがでしょうか。

「3種の香り 骨付き鶏半羽のロースト」。

「九条ねぎのグリル グリーンペッパーソース」。

「パクチーとクレソンの酢橘サラダ」。

メニューにも白州の森がイラストで描かれています。

白州の味と香りを引き出すこだわりの中華・エスニック料理
いよいよ気になる料理の登場です。「香る白州」と共に味わえるのは、こちらも「香り」をテーマにした中華・エスニック料理。白州の爽やかでスモーキーな香りと味わいをさらに堪能できるように、スパイスや香味野菜、香り調味料などを使った香る料理を掛け合せるという斬新な試みです。白州との親和性を重視して、香味野菜は素材本来の香りを残すように調理方法を工夫するなど、試行錯誤を重ねて完成した自信の品々がメニューにずらりと並びます。その中から、今回は特に白州と相性のよい3品をいただきました。
「3種の香り 骨付き鶏半羽のロースト」:骨付き鶏肉をグリル後に燻製にかけているため、ほのかにまとったスモーキーな香りが白州とよく合います。
「九条ねぎのグリル グリーンペッパーソース」:甘くて香り高い九条ねぎをグリルして、風味を立たせた一品。グリーンペッパーソースの辛味と添えられた木の芽の香りが爽やかで、森の若葉を思わせる白州の香りとの相性もばっちりです。
「パクチーとクレソンの酢橘(すだち)サラダ」:フレッシュなパクチーとクレソンの素材を生かしたシンプルな味付けで、添えられている酢橘を搾っていただきます。酸味と苦みが絶妙なバランスで口に広がり、白州を飲むとその爽やかさが際立ちます。
3品とも香り豊かで、「香る白州」がどんどん進みます。躍動感のある目にも美味しい盛り付けや、温かみを感じる和食器も印象的。この五感を刺激する料理スタイルは、森の中での大人の粋な食事会を彷彿させます。まさにこの空間にぴったりの料理ですね。

テラス席の前に広がるのは皇居を囲む水辺とグリーン。水面に映るビル街のシルエットも美しい。

自然を感じる都会の森の特等席
香りの掛け合わせが五感を刺激する個性的な料理と、森の爽やかな香りをまとった白州を堪能できる都会の森のダイニング。ここでは日々の雑事をいったん忘れて、自然の中でゆったり羽を休めるような、寛ぎのひと時が過ごせます。日脚が伸び、風が暖かくなってきたこの時期ならば、ぜひテラス席でお食事を。春の陽を浴びてきらめく和田倉濠の緑と、眼下に咲き誇る桜を眺めるテラス席は、まさに都会の森の特等席。高層ビルの立ち並ぶ都心で自然を感じながら白州を愉しむのに、これ以上の場所はないはずです。仕事帰りや短い休日に、森の癒しを求めて訪れてみてはいかがでしょうか。
SCeNT HOUSE DEN Marunouchi

住所:東京都千代田区丸の内1-1-3 日本生命丸の内ガーデンタワー2F

TEL:03-3201-1991

営業時間:ランチ11:30~15:00 ディナー17:00~23:00

定休日:日曜、祝日(※貸切の場合は随時承ります)

HP:http://scent-house.com/

この記事のご意見ご感想はこちら

会員登録

白州コミュニティ「森香る暮らし」は、シングルモルトウイスキー白州をより一層愉しんでいただくためのファンクラブです。会員限定のイベントやプレゼント、白州の愉しみ方、森の蒸溜所の季節の便りなど、毎月メールマガジンでお届けします。

無料メールマガジン登録はこちら

無料メールマガジン登録はこちら